Home > 日々のこと > 「法定相続情報証明制度」が始まります!
「法定相続情報証明制度」が始まります!

法定相続情報証明制度をご存じですか?

平成29年5月29日から法務局において、「法定相続情報証明制度」がススタートします。

相続手続きで金融機関等に提出する書類をそろえる中で、一番面倒なものが被相続人および各相続人の戸籍謄本(抄本)です。

場合によっては膨大な量の書類になることもあります。

現行では、これをいくつもある金融機関や登記所などにそれぞれに提出していました。
これは、被相続人(亡くなった方)の相続人を確定するために必要なのです。
亡くなった方の一生分の戸籍を見て、配偶者はいるか、子供はいるかなどを確認するのです。


これを簡略しようと始まったのが、上記の「法定相続情報証明制度」です!

簡単に言うと、法務局が「被相続人〇〇の相続人は〇〇さんと〇〇さんと〇〇さんと○○さんですよ!」と証明してくれる制度なのです。

これで、今までの相続手続きで生じていた手間がぐっと軽減されます。

しかも、手数料は無料です!

ただし、やはり一度は被相続人と各相続人の戸籍が必要になります。

それもやはり面倒だな~とお思いであれば、ぜひ行政書士等の資格者代理人へご相談ください。

相続人に代わって申出をすることができます。

この制度についてご質問や、また相続・終活について疑問をお持ちであれば、わたべ行政書士事務所へお気軽にご相談ください。
初回相談料は無料です。

お問い合わせはこちら
ページのTOPへ戻る